search icon
Join IDSAJOIN IDSA >> Go to MyIDSAGO TO MYIDSA >>
  • Print
  • ShareThis
  • Text Size

抗菌薬適正使用プログラムの実施:

update in progress
Published: Clinical Infectious Diseases ; 2016 ; 62 : 51 -77

Abstract

Published: Clinical Infectious Diseases ; 2016 ; 62 : 51 -77

"抗菌薬適正使用プログラムの実施:"

抗菌薬適正使用は米国感染症学会(IDSA)、米国医療疫
学学会(SHEA)、米国小児感染症学会(PIDS)の合意に
基づき、“用量、治療期間、投与ルートを含む抗菌薬の最
適な投薬計画の選択を促すことにより、適切な抗菌薬使用
の改善と計測を行うためにデザインされた協調的介入”と
定義されている[1]。抗菌薬適正使用の利点としては患者
アウトカムの改善、Clostridium difficile 感染症(CDI)を
含む有害事象の低減、目標とする抗菌薬の薬剤感受性率の 改善、一連のケアを通じたリソース(資金・設備など)利
用の最適化があげられる。IDSA とSHEA では適正使用
のトレーニングを受けた感染症医が抗菌薬適正使用プログ
ラム(antibiotic stewardship programs: ASPs)を指揮す
るのが最良であると考えている。

Recommendations

Link to PDF

Additional Resources

English Version

| HIVMA | Contact Us

© Copyright IDSA 2017 Infectious Diseases Society of America

Full Site Mobile Site