search icon
Join IDSAJOIN IDSA >> Go to MyIDSAGO TO MYIDSA >>
  • Print
  • ShareThis
  • Text Size

IDSA Practice Guidelines

Practice guidelines are systematically developed statements to assist practitioners and patients in making decisions about appropriate health care for specific clinical circumstances. [Institute of Medicine Committee to Advise the Public Health Service on Clinical Practice Guidelines, 1990]

Attributes of good guidelines include validity, reliability, reproducibility, clinical applicability, clinical flexibility, clarity, multidisciplinary process, review of evidence, and documentation. [Institute of Medicine Committee to Advise the Public Health Service on Clinical Practice Guidelines, 1990]

Keyword Search

...

Search Results

Antimicrobial Stewardship Japanese

Status: Update in Progress

Published: Clinical Infectious Diseases ; 2016 ; 62 : 51 -77"抗菌薬適正使用プログラムの実施:"抗菌薬適正使用は米国感染症学会(IDSA)、米国医療疫学学会(SHEA)、米国小児感染症学会(PIDS)の合意に基づき、“用量、治療期間、投与ルートを含む抗菌薬の最適な投薬計画の選択を促すことにより、適切な抗菌薬使用の改善と計測を行うためにデザインされた協調的介入”と定義されている[1]。抗菌薬適正使用の利点としては患者アウトカムの改善、Clostridium difficile 感染症(CDI)を含む有害事象の低減、目標とする抗菌薬の薬剤感受性率の 改善、一連のケアを通じたリソース(資金・設備など)利用の最適化があげられる。IDSA とSHEA では適正使用のトレーニングを受けた感染症医が抗菌薬適正使用プログラム(antibiotic stewardship programs: ASPs)を指揮するのが最良であると考えている。

Published: Clinical Infectious Diseases ; 2016 ; 62 : 51 -77"抗菌薬適正使用プログラムの実施:"抗菌薬適正使用は米国感染症学会(IDSA)、米国医療疫学学会(SHEA)、米国小児感染症学会(PIDS)の合意に基づき、“用量、治療期間、投与ルートを含む抗菌薬の最適な投薬計画の選択を促すことにより、適切な抗菌薬使用の改善と計測を行うためにデザインされた協調的介入”と定義されている[1]。抗菌薬適正使用の利点としては患者アウトカムの改善、Clostridium difficile 感染症(CDI)を含む有害事象の低減、目標とする抗菌薬の薬剤感受性率の 改善、一連のケアを通じたリソース(資金・設備など)利用の最適化があげられる。IDSA とSHEA では適正使用のトレーニングを受けた感染症医が抗菌薬適正使用プログラム(antibiotic stewardship programs: ASPs)を指揮するのが最良であると考えている。

| HIVMA | Contact Us

© Copyright IDSA 2017 Infectious Diseases Society of America

Full Site Mobile Site